2017年09月18日

紫雷イオvs岩谷麻優(スターダム 2017/6/21)

紫雷イオvs岩谷麻優(スターダム 2017/6/21)


序盤は静かな立ち上がりで格式を作っていきます。イオの首へのテーピングが気になる所で
イオが場外マット上でのジャーマン。優勢に立ちます。とはいえ自身も首を痛めている状況ですから
露骨に首攻めを狙うわけにもいかない。そんな中場外戦を利用して今度は岩谷が主導権を握ります。
イオはダメージを感じさせながらも安定感のある彼女らしい投げを見せ、岩谷もまた自らが王者足りうるのか
という疑問に応えるかのようにエプロンでのドラゴンスープレックスを見舞っていく。
正に総力戦という言葉が当てはまる試合でしたね。フィニッシュの畳みかけは
彼女が得意にしているだけの事はあって見事な攻め筋でした。

4.0
posted by 赤い波動 at 10:31| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

アンヘリコvsエミル・シトッチvsフェニックスvsペンタゴンJr(WXW 2017/5/13)

アンヘリコvsエミル・シトッチvsフェニックスvsペンタゴンJr(WXW 2017/5/13)

LUの生んだ三大スターが一挙集結。
唯一ユーロ勢のシトッチがルチャのテンポに合わせられるのかが不安でしたが、
ベテランの妙を見せここぞでいい働きを見せていました。
そして4ウェイという難しい形式を上手く乗り切っている。
適度に3ウェイの連鎖ムーブを織り込んでくる巧みさが光ります。
個々で見ていくとやはりペンタのスター性は飛び切りのものがありますね。
フェニックス、アンヘリコも鋭い技で応戦。短い試合時間ながら王座移動というサプライズもありました。
カードから感じる特別性・期待感を見事に見せてくれた好勝負。

4.0
posted by 赤い波動 at 06:46| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

MAZADAvsアンディ・ウー(WRESTLE-1 2017/7/16)

MAZADAvsアンディ・ウー(WRESTLE-1 2017/7/16)

お互い手があっていないわけではないと思うのですが、
MAZADAがアンディの良さを消すタイプの試合運びを見せているので
思ったようにギアが上がっていきません。厳しい首攻めといえばその通りなのですがね。
アンディもマスクマンなのでこういう展開になったとき、自分の感情表現というのが
あまり上手くできないのが難点か。それはストーリーラインの中でも語られていましたが、
ストーリーを消化し昇華させるのがレスラーの役目ですからね。
安易に飛びまくればいいというものではありませんが、
あまりW-1クルーザーのストロングポイントが出た試合ではなかった。

3.0
posted by 赤い波動 at 06:11| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

竹下幸之介vsマイク・ベイリー(DDT 2017/7/2)

竹下幸之介vsマイク・ベイリー(DDT 2017/7/2)

心理戦からの演武、レスリング。まずまずの出だしといってよいでしょう。
場外戦でベイリーの蹴りが鉄柱に誤爆、竹下への脚攻めへと繋がっていきます。
要所でサブミッションを織り交ぜながらベイリーを苦しめる高値安定の攻め。
万能型の竹下らしい脚攻めのバリエーションが垣間見られました。
そこからベイリーが反撃の狼煙。情熱的な打撃の応酬は見るものを熱くさせます。
ただ少し落としどころが見えにくくなった部分もあり、場外へのブレーンバスター、
ベイリーのダブルニーアタック、竹下のへルーバキックと続けたのは正解か。
流石にそろそろリングに戻すかと思った場面でベイリーのムーンサルトが炸裂。会場から驚きの声があがっていましたね。
終盤の攻防は元パートナーらしい精度の高いもので好印象。フィニッシュをクロイツ・ラス、
ヘルーバキック、ブレインバスタァァァーと続けたのは何やら意味深ですね。
相手が常連外国人ベイリーだからこその意義深い技ラッシュと見たほうがよさそう。

4.0
posted by 赤い波動 at 15:15| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

丸藤正道vsドノヴァン・ダイジャック(Glory Pro 2017/7/9)

丸藤正道vsドノヴァン・ダイジャック(Glory Pro 2017/7/9)

観客が丸藤支持一色ですね。熱烈な歓待でまるで中邑を彷彿とさせます。
これだとダイジャックもやりやすいですね。試合はダイジャックの良質なパワーアピールと
気持ちの入った攻めで盛り上がっていきました。丸藤は特別なことをしたわけではなく、
等身大の丸藤たりえていたわけですがそれでも観客は大盛り上がりでしたね。
フィニッシュは敢えての不知火締め。海外の観客に浸透している技で試合を終えてきました。
激戦模様と呼ぶにはやや物足りないが、それでもファン垂涎のマッチアップを齟齬なく終えられたかと。

3.5
posted by 赤い波動 at 07:02| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする