2018年01月23日

田中将斗vs小幡優作(ZERO1 2018/1/1)

田中将斗vs小幡優作(ZERO1 2018/1/1)

ロングマッチを見据えているのか静かな立ち上がり。しかしその予想はすぐに裏切られます。
場外に出ると小幡の南側観客席でのテーブルクラッシュ、田中の入場口付近でのブレーンバスター、
さらには椅子攻撃。これによって小幡は口から出血してしまいます。普段中々ない唇からの出血。
確実に体力が奪われていく中、田中はエルボーを乱れ打ちといった様相。機動力という点では
昔より劣っていますが、パワーで補っている印象がありますね。過去何度も世界ヘビーに挑戦しては
破れている小幡も場外へのスワンダイブ式プランチャを見せ悲願を掴みにかかります。
そして終盤。小幡の頭突きと田中のエルボーが交差していきます。正直二人ともヘビー級の体格ではありませんが
身体は分厚く、比類するファイトを見せてくれた。上手さ、巧みさとは無縁ですが
こういう振り切ったファイトも時には大事かもしれません。それにしても
ZERO1でこのレベルの試合を見たのは久しぶりかもしれませんね。

4.0
posted by プロレスレビューログ at 21:24| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

ジョー・ドーリングvsゼウス(全日本 2018/1/2)

ジョー・ドーリングvsゼウス(全日本 2018/1/2)

カードから期待するとおりの超ド級肉弾ファイトが展開されます。
vs諏訪魔と比べてジョーはよりパワー方面にシフトしていますね。序盤から
フルスロットルでゼウスを潰しにかかります。ゼウスも我慢の時間が続くなか、
ブレーンバスター連発から一気に流れを引き戻していきます。この辺は
構成を大切にしていて好感が持てますね。その後も場外へのプランチャなど特別性を感じさせる技を続け、
観客の心を鷲掴み。ジョーもリアルから来る物もあるでしょうが、疲れている中で出す
ここぞでのフライングクロスボディは他のヘビー級レスラーには真似できない代物と化しています。
二人ともいい疲労感を湛えながら試合をしていましたね。これもまたヘビー級の良さではないかと実感。

4.0
posted by プロレスレビューログ at 20:15| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

ウィル・オスプレイvsアダム・ブルックス(PROGRESS Chapter 61 2018/1/14)

ウィル・オスプレイvsアダム・ブルックス(PROGRESS Chapter 61 2018/1/14)

ブルックスのPROGRESSデビュー戦は因縁の相手、オスプレイ。
ということで序盤から全開。場外でのフロント・スープレックスなどで盛り上げていきます。
似たタイプの選手なので目まぐるしく攻防が入れ替わっていきますね。
ややもすると単調に陥りがちなのですがそこはやはりオスプレイ。
ブルックスの生意気な小僧(といってもおそらく年齢だとオスプレイが下)キャラに
乗っかって試合を展開させていきます。終盤も怒涛の技ラッシュ+ブルックスのヒール戦法。
ただエプロンでのカナディアン・デストロイヤーはちょっと過剰なきらいがありますけどね。
とはいえブルックスの魅力をアピールさせた上で勝つ、という目的は達成されており、良い。

4.0
posted by プロレスレビューログ at 15:38| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

拳王vs清宮海斗(NOAH 2018/1/6)

拳王vs清宮海斗(NOAH 2018/1/6)

遠征前からその身体能力は買われていてこのような華々しい凱旋と相成った清宮。
この試合においてもスピードとパワーという相反する要素を上手く織り交ぜています。
そして特に評価したいのが受けでリズムを作れているという点。拳王がリアルにハードな打撃、
投げを持ち込んでいるというのもあるのでしょうが、それを差し引いても二年足らずでここまで
受けのリズム、間で見せてくるとは思いませんでした。技の組み合わせ方や終盤の表現力には
今一歩課題が残ったものの、正直期待以上ですね。一方の拳王も安定した打撃ベースの構成、
そしてそれを可能にする厳しい蹴りの数々はレフェリーストップという結末に
なんら違和感を抱かせないものでした。

4.0
posted by プロレスレビューログ at 19:25| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

マーク・ハスキンスvsジョーダン・デヴリン(OTT 2017/12/9)

マーク・ハスキンスvsジョーダン・デヴリン(OTT 2017/12/9)

序盤はジュニアらしい腕の取り合いを。若干抵抗を加えても良かった気がしますけどね。
そこからハスキンスの連発トペで流れを掌握。厳しい蹴りに感情が乗っかった攻めを見せます。
デヴリンがOTTで重用されているスターであるという点でドラマ推しの流れで来ましたね。
そのデヴリン。ハスキンスと比べたら劣るのは仕方ない。ハスキンスは
ユーロ一感情を乗せれる選手に成長しましたから。しかし大会場でこれだけ
観客の声援を背に受け戦っているのだから、もう少し奮い立つ部分があってもいいのではないかと思う。
もっと言うとこのタイミングが来たからこの技を使う、という風に穿って見てしまうのですよ。
本当はそういうものを試合で覆さなければならない娯楽なんですがね。プロレスって感情で動くように見せる部分と
論理で動いているように見せる部分が混在しなれけばならない筈なんです。この試合は偏在しているように映る。
内心は漣所ではない感情が発露しているはずなのに。勿体無いなぁ。
団体のMOTYになる可能性を秘めていたが成り切れなかった印象。

3.5
posted by プロレスレビューログ at 18:51| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする