2017年03月09日

ドリュー・ギャロウェイvsウィル・オスプレイ(WCPW Exit Wounds 2017/3/6)

ドリュー・ギャロウェイvsウィル・オスプレイ(WCPW Exit Wounds 2017/3/6)

オスプレイの奇襲でスタート。
ハイフライヤーvsパワーファイターという短絡的な構図に陥るのを防ぐ為か、
オスプレイは打撃成分多めでしたね。イギリスではヒールにも挑戦しているようで
空中技と打撃をミックスさせていました。とはいってもそこまで尖ったものにはなっていません。
一方ギャロウェイはヘビー級として脂が乗ってきましたね。元々技のキレはあった選手ですが
そこに重みを付随させることができるようになった。これは非常に大きな意義があります。
技の一つ一つが切れ味良すぎてある種爽快な試合でもあります。
フィニッシュのメリーゴーランドみたいなダブルアームDDTは凄かったですね。

3.5

この大会はWCPWがYoutubeで無料公開しています。
https://www.youtube.com/watch?v=jTeoxnDjQek
posted by 赤い波動 at 21:56| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする