2017年03月17日

宮原健斗vs大森隆男(全日本 2017/1/15)

宮原健斗vs大森隆男(全日本 2017/1/15)

前回(2016/3/21)の三冠戦に比べると格段にいいですね。まず宮原の成長。
前半からゲームコントロール力が向上し、定型と非定型の織り交ぜという難題を克服している。
具体的に言うと前半でチラ見せした頭突きですね。三冠戦という特別性のある試合で
特別な試合をするという事が出来ている。一方の大森も場外・鉄の坂道でのパイルドライバー、
エプロンでのパイルドライバーをキーにして首攻めを冷徹なまでに遂行している。
ちょっと秋山の影響を受けているんですかね?いずれにしても円熟味が増したことには違いありません。
宮原も大森のいい部分を出し切った上で上回る、というチャンピオンの流儀を果たしており、心地いい。
腕攻めはスネークリミットでしっかり回収していますからね。予想以上の好勝負でした。

4.0
posted by 赤い波動 at 22:38| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする