2017年03月12日

土肥孝司vs村瀬弘樹(WRESTLE-1 2017/2/22)

土肥孝司vs村瀬弘樹(WRESTLE-1 2017/2/22)

リザルトチャンピオンシップという若手活性化のために作られたベルトの初代王者決勝戦です。
序盤はお互い格式を意識したグラウンドの攻防。巧さを感じさせるレベルにはありませんが
目も当てられない、といった惨状というわけでもない。一連の流れから
場外で村瀬がブレーンバスター、走りこんでのドロップキック。流れを掴んだかと思いきや
エプロンで今度は土肥がDDT。主導権を取り返します。土肥は村瀬の首を狙っての攻撃を継続。
ここも教科書的ではありますが粗は出ていない。逆に言うと若手なのですから
少しぐらい雑でも、と思うぐらい丁寧に試合を作り上げていく。終盤は村瀬が投げで調整し、
その上を力で土肥がねじ伏せるといった形。村瀬はオールラウンダーである強みを
意識しすぎているきらいがありますね。ややエディットレスラーの気がある。
土肥もオリジナリティはないが違和感を覚える比率で言えば村瀬の方が大きかった。
とはいえメインイベントをキャリアの浅い二人ということでリスクを嫌ったのでしょう、
安定した面白みはありましたね。

3.5
posted by 赤い波動 at 23:36| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする