2017年03月17日

宮原健斗vs大森隆男(全日本 2017/1/15)

宮原健斗vs大森隆男(全日本 2017/1/15)

前回(2016/3/21)の三冠戦に比べると格段にいいですね。まず宮原の成長。
前半からゲームコントロール力が向上し、定型と非定型の織り交ぜという難題を克服している。
具体的に言うと前半でチラ見せした頭突きですね。三冠戦という特別性のある試合で
特別な試合をするという事が出来ている。一方の大森も場外・鉄の坂道でのパイルドライバー、
エプロンでのパイルドライバーをキーにして首攻めを冷徹なまでに遂行している。
ちょっと秋山の影響を受けているんですかね?いずれにしても円熟味が増したことには違いありません。
宮原も大森のいい部分を出し切った上で上回る、というチャンピオンの流儀を果たしており、心地いい。
腕攻めはスネークリミットでしっかり回収していますからね。予想以上の好勝負でした。

4.0
posted by 赤い波動 at 22:38| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

石森太二&Hi69vsHAYATA&YO-HEY(NOAH 2017/2/18)

石森太二&Hi69vsHAYATA&YO-HEY(NOAH 2017/2/18)

サムライの編集により22分の試合が15分になっています。
この4人の中だと石森が頭一つ抜けた動きをしますね。キレが抜群です。
その石森のパートナーに選ばれたHi69はやや動きが重いか。
ジュニア随一の石森と比べられるという部分もありますけどね。
ただベテランだけあってポイントは抑えている。一方のHAYATA組ですが、
身体能力の高さ=試合の面白さに直結してないのが痛いですね。
二人とも変幻の動きを見せてくれるのですが、思ったよりタッグとしての
完成度、成熟度に結びついていない。加えて観客がイマイチ盛り上がっていないのもあって
450で決着した時はややあっさりした印象を受けてしまいました。カットがあったとはいえ
22分のボリュームを感じないんですよね。悪い試合ではないが、石森組が勝利した結果もある意味では
試合内容から帰結しているともとれる。

3.0
posted by 赤い波動 at 22:19| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

土肥孝司vs村瀬弘樹(WRESTLE-1 2017/2/22)

土肥孝司vs村瀬弘樹(WRESTLE-1 2017/2/22)

リザルトチャンピオンシップという若手活性化のために作られたベルトの初代王者決勝戦です。
序盤はお互い格式を意識したグラウンドの攻防。巧さを感じさせるレベルにはありませんが
目も当てられない、といった惨状というわけでもない。一連の流れから
場外で村瀬がブレーンバスター、走りこんでのドロップキック。流れを掴んだかと思いきや
エプロンで今度は土肥がDDT。主導権を取り返します。土肥は村瀬の首を狙っての攻撃を継続。
ここも教科書的ではありますが粗は出ていない。逆に言うと若手なのですから
少しぐらい雑でも、と思うぐらい丁寧に試合を作り上げていく。終盤は村瀬が投げで調整し、
その上を力で土肥がねじ伏せるといった形。村瀬はオールラウンダーである強みを
意識しすぎているきらいがありますね。ややエディットレスラーの気がある。
土肥もオリジナリティはないが違和感を覚える比率で言えば村瀬の方が大きかった。
とはいえメインイベントをキャリアの浅い二人ということでリスクを嫌ったのでしょう、
安定した面白みはありましたね。

3.5
posted by 赤い波動 at 23:36| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

柴田勝頼vsザック・セイバーJr(新日本 2017/3/6)

柴田勝頼vsザック・セイバーJr(新日本 2017/3/6)

柴田は柔軟になりましたね。海外遠征を多く取り入れたことで
相手の土俵に入ろう、という「気概」が出るようになった。
それは単にシナリオ上のことではなくリアルに「軟化」を感じさせる試合運びを見せるようになっている。
その一つとしてコーナーへのドロップキックを低く打っている。
意図していたか意図していないかは余り関係なく、ザックに対しての攻撃性を発現できている。
一方のザックは見慣れた人にとっては相変わらずのテクニック。
もちろんただただ絶賛する動きしかないのですが、この試合はみのる登場でNJCの伏線張りかと思いきや
ザックの鈴木軍入りというストレートに観客の裏をかくストーリーに依存している。
それゆえ試合としてはやや低くなるが、今後ザックがどういうスタイルに変化していくかは非常に興味深いですね。
個人的には杉浦のようなラフを操れるタイプに変化していくとより面白い。
もちろん現状のザックがつまらないという意味ではありませんが…。
とはいえPWGでもスカールと結託してのヒールターンを行ったという話もありますから、
本人が変わろうという気持ちを持っているのかもしれませんね。
更に階級という点で言えばやはりヘビー級で闘っていた方がメリットも大きい。
ただハサウェイをつけ面白みを失ったティモシーのようになってしまう可能性も孕んでいるわけで…。
私としては2016年のザックはMVP級の活躍だったと思っているので色々考えさせられます。

3.0
posted by 赤い波動 at 23:14| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

真霜拳號vs滝澤大志(K-DOJO 2017/2/26)

真霜拳號vs滝澤大志(K-DOJO 2017/2/26)

ロングマッチを見据えた正統な立ち上がりでスタート。
滝澤が真霜の脚を攻める展開になったのは少し意外か。
滝澤はチョップ主体のスタイルですからやや噛み合わない部分もあるが、
相手の長所を潰すという考え方に立ち返った時に脚攻めは効力を発揮する。
場外では真霜が滝澤と真っ向からぶつかるという展開に。
真霜は鈴木みのるのような、自分のスタイルを液化させながらも
相手の金型に流し込み自らの存在感を発揮するスタイルを見せるようになりましたね。
端的に言うととことん受けて最後は上回るというスタンス。
この試合ではスリーパーをキーにしていたのもみのるを髣髴とさせる印象が強まった原因でしょうか。
終盤は張り手の打ち合いから真霜のハイキックで〆。ある種滝澤を打ち砕くかのようなフィニッシュでしたね。

4.0
posted by 赤い波動 at 21:01| 日本のプロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする